加齢臭の原因物質を減らして臭い対策|ストレスも要因の1つ

肌に優しいスキンケア製品

ケア中の女の人

然は自然の厳選された原料によってつくられたスキンケア製品です。肌の奥深くまで有効成分がよくしみこみますし、肌に優しく、効果が実感できるため、人気があるのです。ミストを化粧水の前に吹き付け、化粧水や美容液は丁寧に優しくつけます。デリケートな製品ですので保管場所に注意し、2か月以内に使い切りましょう。

ビタミンCで肌のケア

顔のケア

ビタミンc誘導体は化粧水によく使われているビタミンCをもとにして作った美容成分です。皮脂を抑えたり、メラニンを抑制したり、コラーゲンを増やしたりといった沢山の美肌効果があります。最近では新しい次世代ビタミンc誘導体も登場しています。

肌荒れの予防

二種類の化粧品

ニキビができてしまうと肌が荒れているように見えるため、早急な対策をおすすめします。一番よい方法は睡眠時間の確保ですが、それができない場合にはビタミンが配合されている化粧水を使用してみるとよいでしょう。

抗酸化作用の抑制が重要

老人

脂っこい食事には要注意

人間には多かれ少なかれ体臭はあるものです。それが強いか弱いかが問題なのですが、匂いは自分では気づきにくいという難点があります。最近問題になるのが加齢臭ですが、これは年齢を重ねれば自然に起こってくるものです。ただしほとんどの場合、それほど匂わないのです。加齢臭が強い人にはある種の特徴があります。まず匂いに無頓着であるということです。無頓着というのはエチケットを知らないということなので、加齢臭対策をしないわけです。またお風呂に入った時に洗い残しがあったり、衣類の洗濯も不十分という特徴があります。日常生活での特徴は脂っこい食事が好きで、野菜や果物不足の傾向があります。脂肪分を多く摂取すると皮脂の分泌量が増えて加齢臭の一因になります。またお酒や煙草を吸うというのも、加齢臭の人の特徴です。

ノネナールを抑える食べ物

加齢臭の原因となっているのはノネナールという物質です。これは脂肪酸と過酸化脂質が影響し合って発生するのです。なぜ年齢と共に加齢臭が発生するかというと、40歳を過ぎると酸化に対する抑制力が低下して、脂肪酸と過酸化脂質の分泌が増えてくるからです。過酸化脂質が大量に発生する原因はストレスなのです。ストレスを溜め込むと体内に活性酸素が大量に発生し、それによって過酸化脂質が増えるのです。ですから加齢臭を抑えるためにはストレスを溜めないことが大事になります。体内に発生するノネナールを抑えることができれば加齢臭を抑えることができます。そのためには抗酸化作用のある食べ物を摂取することが必要です。例えばホウレン草やカボチャなどです。