加齢臭の原因物質を減らして臭い対策|ストレスも要因の1つ

ビタミンCで肌のケア

顔のケア

沢山の効果

ニキビケアやシミケア、アンチエイジングなどができる人気の美容成分がビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体はビタミンCを化粧水に配合しやすいようにした成分です。安定性と浸透力があり、肌につけると角質層の奥まですばやく浸透します。そして浸透したビタミンc誘導体が角質層で有効成分として働き、様々な肌トラブルを治してくれます。ニキビのもととなる皮脂を取り除く効果や、炎症を抑える効果があります。また、しみやそばかすのもとであるメラニンの活性化を抑制する効果と、できてしまったシミを分解する効果があります。コラーゲンの生成をサポートし、若いころの肌のようにハリと弾力を出すこともできます。そのため、ビタミンc誘導体はエイジングケア用の高級化粧水や美容液にはかかせない成分です。

次世代の成分

もともとビタミンCは水溶性の成分なので、ビタミンc誘導体も化粧水に含まれている水溶性のものが普通でした。水溶性のビタミンc誘導体は皮脂バリアがはじいてしまうことがあり、そのためイオン導入しないと浸透しない化粧水もあります。しかし、最近新しく登場した「次世代ビタミンc誘導体」は、水溶性の性質と油溶性の性質を持っています。次世代ビタミンc誘導体はイオン導入しなくても手でつけるだけで真皮層まで働きかける効果があります。浸透力は水溶性の100倍以上で、しっかり浸透してじっくりと肌トラブルを改善します。最近は次世代ビタミンc誘導体を配合した化粧水はあちこちで見かけるようになっており、これからも普及していきそうです。